日本住まいの国際カップルに考えてほしい保険と年金の話! | FRON [フロン]

日本住まいの国際カップルに考えてほしい保険と年金の話!

こんにちは!ハンガリー人と国際結婚したライターのHoney.Dブログはこちらです!

保険の話と聞くとどんなことを想像しますか? 日本で暮らしていれば、いろいろな社会保険を支払っていると思います。日本での健康保険は医療機関にかかった場合通常3割負担ですよね。あと、万が一入院したり高額な医療費になってしまった場合、収入に応じて高額医療費制度を使うことができます。年金については、今いろいろと問題が出てきていますが、今の段階では国民年金や厚生年金などを支払っていき、高齢者を支え自分が高齢になったときに同じように支えてもらうようなものです。

今回は、国際結婚されたカップルで日本にお住まいの方、これから結婚して日本に住むという国際カップルの方へ向けて、保険と年金について考えたことをまとめてみました! 保険や年金についていろいろ不安はあると思いますが、一度ふたりで将来のことを踏まえて考えてみてはいかがでしょうか?

 

1.今の保険、海外でも使える?

医療費保険はいろいろなものがあります。格安のもの、手厚くいろいろ保障してくれるもの、様々です。国際カップルにとって重要なことは、将来どこに住んでいるのかということです。

保険に入るとき、通常健康な方という条件がありますよね。何か治療している病気がある場合は申告が必要ですし、場合によっては治療中の病気に関しては保険は下りないという条件付きになってしまう可能性もあります。

そこで考えてほしいのは、今仮にどこかの保険に入ったとして、何十年かたったときに日本ではなく相手の国へ引っ越しすることになった場合がないとは限りませんよね。国際結婚された方は、そういう可能性を少なからず皆さん持っていると思います。もしそうなった場合、健康で若いときに無条件で入れていた保険を持っていたとしても、その保険は引っ越し先の日本国外で使えるものでしょうか。

実は、私は持病があるため普通の医療保険には入ることができません。でも、持病がある人でも入れる緩和型の医療保険になら入ることができるということで、今回外資系のメットライフ生命に入ることになりました。夫も同じ保険に入ったのですが、その理由は、万が一私たちがハンガリーへ引っ越すことになった場合この保険を引き続きハンガリーでも使うことができるからです。すごいですよね。

ハンガリーでも使うことができる、ということでいろいろ気になるところがありました。まずは、診断書の言語です。ハンガリーの公用語はハンガリー語なので、もしハンガリーで入院して医師の診断書をもらったときはハンガリー語になります。それをわざわざ英語や日本語に翻訳するのは大変ですし、またお金がかかってしまいますよね。なので、ちゃんと保険屋さんに確認してもらいました。結果、ハンガリー語のままで大丈夫ということでした! なので、もし仮にハンガリーに引っ越すことになったときの健康状態はわからないので、これに入っておけば安心です。

入るための条件としては、日本の口座と日本国内にメットライフから届く郵便物を受け取ってくれる人がいれば大丈夫ということでした。家族や兄弟姉妹などにお願いするといいですよね!

 

2.それぞれの国の年金を知っておこう

日本の年金制度で今いろいろ問題になってはいますが、他の国にも年金制度はあります。受給資格は国によっても違いますが、まず調べておいた方がいいのは日本で生活している場合、日本で払っている年金はどうなるのかということです。

日本で年金を受け取れる年数は前は25年でしたが、今現在は10年に短縮されました。なので、日本で10年間年金を収めていた場合年金を受け取る資格があるということになります。そして、日本で年金を収めていた期間も国に帰ったときに合算してもらえる場合もあります。国によって違いますので、まずはしっかり調べてみて、年金のことも頭に入れた方がいいです。

 

3.将来のために貯金

ズバリ私たち夫婦はドル建ての貯蓄保険に入っています。理由としてはふたつ。ひとつ目に、貯金がしたい、増やしたいということで円建てのものだと利率がとても低いため、ドル建てにしました。もうひとつの理由は、将来どこに住んでいるのかわからないため、ハンガリーに引っ越したときのことを考えてみました。ハンガリーの通貨フォリントより円の方が強いです。でももっと強いのはドルです。そのため、ドル建てがいいのかなということで決めました。

もちろん、ドル建てにもデメリットはあるので要注意ですが、国際結婚された方、特にドルを通貨としている国の方と結婚された方にとっては、ドル建て貯蓄保険はおススメです。ドルを円でもらうとき、手数料がかかってしまいます。そのときのレートで計算された上に手数料が取られてしまうことを考えると、ドルをそのままもらってそのまま使えるなら手数料もかからず増やせるからお得ですよね。あとは、我が家のように相手の国の通貨より強いもので考えるといいのかもしれません。

 

あとがき

保険や年金、貯蓄保険についてお話してきましたがいかがでしたか?

あくまでこれは私たち夫婦の考えなので、国際結婚されたカップル全員におススメというわけではないです。でも、日本に住んでいる場合将来の年金のことなんかを考えたら…ちょっと、いやかなり不安ですよね。私たち夫婦もなかなか貯金がうまくいっていませんが、強制的に貯めるためには毎月引き落としされた方がいいかもしれないと思い、まずは負担にならない程度の1万円から始めてみました。

気になる方は、いろんな種類の保険を扱っている会社に自分たちに合ったものを紹介してもらってください!

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
FRON [フロン]の最新情報をお届けします
オススメの記事

この記事のライター

カテゴリ一覧

内容について連絡する

Honey.D

ハンガリー人とペンフレンドから国際遠距離恋愛を経て、結婚しましたHoney.Dです。結婚4年目、日本在住。趣味は読書/小説執筆/音楽/映画鑑賞

イベント予約

気になるイベントを簡単予約♪ ※English Page

予約するイベント

お名前(フルネーム)

メールアドレス

予約人数

英語は流暢に話せますか?
はいいいえ
※できなくても全く問題ありません。

メルマガ受信設定

※予約完了メールが届かない場合はLINEにてご予約下さい。

 

イベントカテゴリー

気になるキーワードをクリック♪

 

FRON [フロン] | 英会話や外国語を話すならFRON!東京で外国人と国際交流しませんか?