国際結婚は幸せか?幸せじゃないか?アメリカ人と結婚した私が率直に語る感想 | FRON [フロン]

国際結婚は幸せか?幸せじゃないか?アメリカ人と結婚した私が率直に語る感想

こんにちは!

アメリカ人と国際結婚し、日本在住のライターRINです。

 

アメリカ人と国際結婚した私の経緯

簡単に私たちの馴れ初めをご紹介しますと、私たちの出会いはLanguage exchangeのサイトです。彼は日本語に興味があり、私は英語に興味がありました。初めは本当にそんな単純な理由で始まりました。

そこからメッセージのやりとり、テレビ電話などを半年以上続け、信頼関係を築きました。そしてアメリカに私が会いに行き、1年半程の遠距離恋愛の末、結婚しました。彼が日本に移住してかれこれ2年です。

一緒に時間を過ごして、良くも悪くもたくさんの経験をしてきました。そのような経験から、今回は昔の自分(私は自分がまさか国際結婚するなんて、夢にも思っていませんでした。)と今の結婚生活を比較しながら考えていきたいと思っています。

 

外国人は愛情表現が豊か??

よく、外人の旦那は愛情表現が豊かだと聞きます。こちらはどうでしょうか?

確かに、これは事実なんではないかと思います。毎日「好きだよ」「愛してるよ」などの言葉を伝えてくれます。けれど、これは決して不思議なことではなく、大切なことだなと感じています。

こんな言葉や感謝の言葉があるからこそ、何かを頑張ったり、努力しようと思えます。結婚は一言では言い切れないこと、たくさんのことが起こります。小さなことから大きなことまで。

ひとつひとつの積み重ねが「結婚生活」を作り上げているのです。だからこそ私も、そのとき想ったこと、感じたことなどはもっともっと表現していきたいな、と感じています。

 

国際結婚をして大変なことはないの?という質問に対して

よく聞かれるのがこの一言です、「国際結婚って大変じゃないの?」

こちらについては、どんな夫婦でもそうだと思いますが、もちろん大変なこともあります。言い出したらきっとキリがないぐらいあります(笑)

でも、それを覚悟して結婚したところもあります。「何も問題がないわけがない」と思って結婚しています。正直なところ、始めにそう思っていると、何があってもなかなか動じず頑張れます。

しかし、そんな頑張っている中でも一番やっかいなのはビザかな?とは感じています。配偶者ビザを初めて取得するときが一番大変だったことを、今でも鮮明に覚えています。

初めは自分たちで出来る!と思ったものの…考えが甘かったですね。

書類の多さ、偽装結婚ではない証明など、自分たちで出来るのだろうか?と思うことが多く、最終的に行政書士の方に助けてもらいました。実際に行政書士の方以外にもたくさんの人に、助けてもらっているのも事実です。

でも、どんなことが起こっても2人で頑張れば乗り越えられる。そんな気持ちの下で、今も楽しく忙しく、毎日を過ごしています。

 

国際結婚をして言語の壁を感じることはないの?

そして、さらによく聞かれることとして、言語の問題があります。

「2人の会話は何語なの?」ということです。確かに気になるところですよね。

私たちは基本的に英語がメインで、ところどころで日本語が混じります。彼も日本語に非常に興味があり、日本語留学をしたこともあるぐらいです。なので、お互いの言語にお互いが興味を持っているからこそ成り立っています。

もちろん「ん?」と思うこともあります。お互いに。(笑)

でも、そういうときはその言葉や会話について、とことん掘り下げます。すると、面白いことに今まで感じたことのなかったようなことや、疑問に出会います。言い方を変えれば、毎日が新しい発見のようなものなのです。

それを新しい発見と捉えるか、重荷に感じるかは考え方次第ですが、私は幸いにもこの環境を楽しんで生活することができています。国際恋愛、国際結婚をする場合は一度しっかりと自分と向き合ってみることをお勧めします。

そうすることで、自分の価値観や考え方が明確になり、どんな生活でも彼となら、という気持ちになるのかもしれません。

 

国際結婚の生活を振り返ってみれば…

国際結婚の生活を振り返ってみても、あっという間に彼との時間は過ぎていっているように感じます。

結婚というと人生の中で大きな選択です。けれど、今振り返ってみればきっと出会うべくして出会い、そして今を共に過ごしているんだと思います。彼のおかげで、アメリカに家族が出来ました。大切な人が他国にも出来たのです。

もちろん育ってきた環境は大きく違うけれど、心は通じ合います。大好きな、そして大切な人たちがそこにいるから、もっと心通わせたいと思う日々です。これからの彼との人生、できる限り彼の家族に会いに行ける日を増やしていきたいと考えています。

夢のような話なんかではなく、それを実現していけるように。

 

国際結婚は幸せか?幸せじゃないか?の結論

それでは、今までの話をまとめて、国際結婚とは結果どうなのでしょうか?

それは、人によってそれぞれだと思います。けれど、文化や言語の違いなどを超えて、この人と生きていくという決断は決して簡単にはできないものですよね。だからこそ、私は覚悟や決意をもって、2人で幸せになる努力をこれからもしていきたいと強く思っています。

人生まだまだ何が起こるか分からないけれど、それに打ち勝てるかどうかも、自分たち次第ですよね。

「大丈夫。きっと大丈夫。」そんな言葉の元でこれからも、前向きに楽しんでいければいいなと個人的には思っています。

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
FRON [フロン]の最新情報をお届けします
オススメの記事

この記事のライター

RIN

カテゴリ一覧

内容について連絡する

RIN

人生は自分次第で虹色にできると信じてやまないライターのRINです。好きなもの⇨英語/保育/幼児教育/子ども/旅/チャレンジ

イベント予約

気になるイベントを簡単予約♪ ※English Page

予約するイベント

お名前(フルネーム)

メールアドレス

予約人数

英語は流暢に話せますか?
はいいいえ
※できなくても全く問題ありません。

メルマガ受信設定

※予約完了メールが届かない場合はLINEにてご予約下さい。

 

イベントカテゴリー

気になるキーワードをクリック♪

 

FRON [フロン] | 英会話や外国語を話すならFRON!東京で外国人と国際交流しませんか?