フランス家庭の食事の流れをご紹介♩フランス人彼氏がいる人は参考に! | FRON [フロン]

フランス家庭の食事の流れをご紹介♩フランス人彼氏がいる人は参考に!

Bonjour! フランス在住のmacaronです♩

 

今日はフランス人の食事スタイルを簡単に紹介します!

バーで友達とアペロ♩

食前酒に軽いおつまみでまずはおしゃべり♩これを「アペロ」と呼びます。

飲むお酒はビールの方もいますが、お腹がいっぱいになってしまうので、それよりも食欲が増すように少し強いお酒をちょっぴり飲むことが多いです。

生ビール♩

例えば、ラムやウイスキー、ヨーロッパ産の甘いお酒など。

フランスで有名なのは「パスティス」というアニスが聞いた独特なお酒です。水で少し薄め、氷を浮かべて飲んだりします。おつまみはナッツ、オリーブ、サラミやチーズなど、手軽に用意できるものです。

余談ですがこのアペロは友人や職場の方達と、夕食前の手軽な飲み会としてよく行われます。この場合はナッツなどの他にパイ生地を使った軽い軽食やフィンガーフードが用意されることが多いです。

しっかりとした夕食を用意する手間もないのでフランスに住んでいると、よく耳にする言葉です。「アペロ」と言いつつ、夜中まで実施されることもあるので、盛り上がりすぎに注意が必要です(笑)。

 

食前酒の時間が終わったら、前菜へ。

ディナーの前のアペロは大体皆が1杯飲み終わったところで前菜です。

有名な生ハムとメロンはこのタイミングですね。ゆで卵とマヨネーズを和えたものや、ミニトマトとチーズを串に刺したものなどです。

レストランでは牡蠣がよくありますね。日本の居酒屋でいう「銀杏揚げ」や「だし巻き卵」、「冷奴」といった重さでしょうか。パンもこの頃に出てきます。冬はスープの場合が多いです。

スーパーにはクノールなどのスープの素がたくさん売られていて、そしてとても美味しいのでお土産にもお勧めです。

 

前菜の次はいよいよメイン!

メインは通常肉、魚のどちらかです。それにライスか野菜を蒸したもの、またはマッシュポテトなどが付きます。ちなみにパンもあります。

え?ライスがあるのに?と思いますがメインのソースにパンをつけながら食べる人が多いです。

パンは太るので食べない人もいます。お好みで、食べても食べなくても大丈夫ですが、食後にはチーズが控えているので、食べ過ぎに注意してくださいね。

鶏肉のロティ♩自家製フレンチフライと共に。

メインが魚の場合、家庭で生で提供される場合はまずありません。レストランで魚のタルタルを出すところもありますが、家庭ではあまりありません。

特に年配の方は生で食べると聞くと顔をしかめる方もいます。文化の違いを感じますね。

肉の場合は、鶏肉、鴨、牛肉や豚肉などのオーブン料理が主です。こうしてみると、アペロ、前菜、メインまでと時間を逆算して用意してくれています。日本は一度に出す場合がありますが、温かいうちに作りたてを同時に出すのも難しいですね。

ハーブで味付けされてオーブンでじっくり焼かれたメインは本当に美味しいです。冬はポトフなどもいいですね。

 

メインの後はデザート?いやいや、チーズの登場です。

メインの後に軽いサラダ、そしてチーズが出されます。チーズは大体3〜5種類、好きなチーズを好きなようにカットして、パンとバターと食べます

チーズはそのまま食べても美味しいですが、フランスの美味しいバターとパンと食べると、美味しさが増して驚いたことがあります。お腹がいっぱいであれば食べなくても大丈夫です。

ただし、チーズにはたくさんの種類があり、地方によってまったく種類が異なることがあるので、試さずにはいられないかもしれません。

スーパーだけでも驚くほどの豊富なチーズの種類

 

ついにデザート!

デザートはメインのボリュームによって軽かったり重かったりします。

軽いデザートはフルーツポンチやフロマージュブランという軽いチーズとヨーグルトの間のようなチーズにフルーツを乗せたものがあります。季節の果物をそのままという場合もあります。

重いデザートはフォンダンショコラやクリームブリュレなど、しっかりと甘いものがあります。温かいデザートは、メインが提供された後オーブンで用意されているのでつくづくオーブンが活用されている文化だなぁと感じます。

食後酒を楽しむことも♩

この記事を書いているだけでお腹がいっぱいになってきたmacaronですが、招待客がいるフランスの食事はとにかくゆっくりおしゃべりを楽しみます。

料理を作るのは家庭によりますが大体女性で、お酒を注いであげるのは男性の役割です。おもてなしする側の男性も、座りっぱなしということはあまりないようです。

お客様として招かれたのであればお皿の片付けを手伝う。そこまではありませんが(笑)、フランス人の恋人の家に初めて行った時などは率先して手伝ってもいいかもしれませんね。

言葉は通じないかもしれませんが、食事に対する感謝の気持ちは通じると思います!3年前は招待客側であったmacaronも今では彼のママンのアシスタントになっています。

お客様でいるうちに、ゆっくり食事を楽しんでください!(笑)

Salut!!

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
FRON [フロン]の最新情報をお届けします
オススメの記事

この記事のライター

カテゴリ一覧

内容について連絡する

macaron

フランス在住。海外バックパッカー、ワーキングホリデー、東京OLを経てここフランスにたどり着きました。スキューバダイビングが大好き。海外旅行はショッピングよりも陸路で隣国に足を伸ばすことが楽しみです^^ 日本人から見た海外情報を発信していきます。

イベント予約

気になるイベントを簡単予約♪ ※English Page

予約するイベント

お名前(フルネーム)

メールアドレス

予約人数

英語は流暢に話せますか?
はいいいえ
※できなくても全く問題ありません。

メルマガ受信設定

※予約完了メールが届かない場合はLINEにてご予約下さい。

 

イベントカテゴリー

気になるキーワードをクリック♪

 

FRON [フロン] | 英会話や外国語を話すならFRON!東京で外国人と国際交流しませんか?