相手の言葉が話せない! 言葉が通じないとどんな時に悲しいの? | FRON [フロン]

相手の言葉が話せない! 言葉が通じないとどんな時に悲しいの?

こんにちは!ハンガリー人と国際結婚したライターのHoney.D(ブログはこちら)です!

私の記事をこれまで読んでくださっている方はご存知の通り、私はハンガリー語を一切話せません。いや、あいさつ程度のことは話せるのですがそれ以外は一切話せません。意味もわかりません。全然勉強していません(笑)

その背景には、やはりハンガリー人夫が日本語ペラペラで、日本に住んでいてハンガリー語を話す必要性が全くないからだと思いっています(いいわけです)

ですが、そんな私でもハンガリー語を勉強しようと何度も思うことがあります。それはどんな時なのか、どんな時に悲しいと思うのか、今回はお話したいと思います!

国際恋愛中、または国際結婚しているけれど私と同じで全く相手の国の言葉を話せないという方は、今一度勉強することを検討された方がいいかもしれません!(私のことです笑)

 

1.帰国したとき

これはもう、当たり前のことですが、相手の国に帰国した時の寂しさや悲しさと言ったら半端じゃないです。

ハンガリーに帰国するのは大体年に一回ほど。今年に至っては帰国できそうにないので、2年の間隔をあけて来年帰国予定でいます。

毎回帰国すると、普段日本語でペラペラどうでもいいことを話している夫は、とたんに外国人になってしまいます(笑) 誰とでもハンガリー語だし、久しぶりに会えた家族はもう嬉しくてうれしくて、会話が止まることがありません。ノンストップで話し続ける状態です。

その合間に、私に通訳していると話がぐちゃぐちゃになっていきます。私が話せないことが当然ダメなのですが、私も話せないなりに話に参加したいので「今何の話をしているの!」とついイライラしてしまうことが多いです。

帰国するとふたりっきりになることもなかなかないので、私はただ笑っているだけの人形のようになってしまいます。時々は、ジェスチャーで話したりもしますが、やっぱりそれでは難しいです。そういうときに、どうしても悲しくなってしまいます。これは、相手の国の言葉が話せなくて一番悲しい瞬間です。

 

2.相手の友達といるとき

家族といる瞬間同様に哀しい瞬間は、夫の友達と会ったときです。これまで何度も夫の友達と遊んだり話したり日本に泊まりに来たりと、接する機会は家族と同じくらいたくさんありました。

家族との会話より、もっと砕けた感じでふざけあったり冗談を言ったりして話す機会が多いのも友達同士の会話です。そこに入っていけないのは、本当に哀しいです。話したいのに、参加したいのに言っていることがわからないので当然無理な話です。

そこで家族の時と同じように通訳を頼むのも、せっかく久しぶりに会った友達との時間を奪う気もして、でも話さないと感じが悪い人に思われるんじゃないかと気になって、ただひたすら悲しみながらソワソワすることになります(笑)

日本に友達が遊びに来て、夫が仕事でいない間は本当に大変でした。でもそのときは、ジェスチャーとスマホの翻訳機能を駆使して意外と意思の疎通ができて楽しかったです。逆に、夫がいない方が友達や家族とも距離が縮まるかもしれません。夫がいれば、ハンガリー語で会話がスラスラ進んでしまうため、あえていない方がコミュニケーションが取りやすいです。

 

3.ちょっとしたこともひとりでできない不安

日本で普通に暮らしていれば、ひとりでできないことなんてないですよね。買い物もできるし食事することも、簡単です。そもそも誰かとコミュニケーションが取れるなら、どんな場面でも困ることはないです。

でも、私の場合ハンガリーへ行けば言葉が通じないのでなにもひとりでできません。できないことはないんですが、不安があってできないことが多いのです。ちょっとしたコミュニケーションが取れないと、人の行動は制限されます。

言葉ができないということは、自分自身の行動範囲も狭まり、大人なのに情けない気分にもなります。私の場合は、ハンガリーへ行ったときだけなので一瞬の気持ちですが、この状態のままもしハンガリーへ移住することになれば、私は日々この感情に押しつぶされることになります。

当然、そのために勉強すると思いますが、それでもすぐに言葉ができるようにはなりません。これまで日本では運転や買い物や食事、どんなことでもひとりでできたのに、ハンガリーで生活がはじまればひとりではなにもできないとなると、不安ですよね。愛する人と一緒にいることに変わりはないですが、どこか寂しいし、悲しい気持ちになってしまいます。

恐らく、国際結婚で相手の国に住むことになるとこういう感情が誰にでも芽生えてくるのだと思います。その結果、帰国したいと考えるようになったり、最悪離婚したいと考えることもあるかもしれません。

 

あとがき

いかがでしたか?

国際結婚や国際恋愛をされている方で、相手の言葉ができない場合、寂しく感じるときや悲しいなと思うときはどんなときでしょうか?

私はこういうときが、悲しいと思う瞬間です。今は日本にいるので、言葉の壁を感じることは滅多にないです。夫とも意思の疎通はできているので、何の問題もないです。でも、ハンガリーへ帰省するといろんなことを感じます。夫と一緒にいるのに、とたんにひとりぼっちになったような気がしてしまうのです。

将来のことを考えると、やっぱり相手の言葉を理解できるようになった方が自分自身の悩みを減らしてくれると思います! 私も改めてハンガリー語の勉強をしようと思います!

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
FRON [フロン]の最新情報をお届けします
オススメの記事

この記事のライター

カテゴリ一覧

内容について連絡する

Honey.D

ハンガリー人とペンフレンドから国際遠距離恋愛を経て、結婚しましたHoney.Dです。結婚4年目、日本在住。趣味は読書/小説執筆/音楽/映画鑑賞

イベント予約

気になるイベントを簡単予約♪ ※English Page

予約するイベント

お名前(フルネーム)

メールアドレス

予約人数

英語は流暢に話せますか?
はいいいえ
※できなくても全く問題ありません。

メルマガ受信設定

※予約完了メールが届かない場合はLINEにてご予約下さい。

 

イベントカテゴリー

気になるキーワードをクリック♪

 

FRON [フロン] | 英会話や外国語を話すならFRON!東京で外国人と国際交流しませんか?