国際恋愛をして変わった4つの価値観 | FRON [フロン]

国際恋愛をして変わった4つの価値観

こんにちは!ギリシャ人の彼と交際中の国際恋愛ライターChisaki(ブログはこちら)です。

国際恋愛を初めて気づけばもうすぐ4年の月日が経つ私ですが、周りからよく「国際恋愛をして何が変わった?」と聞かれます。

そこで彼と付きあう前と今の私を比べて、変化のあった価値観について綴ってみました。

 

1.ありのままの自分が好きになれた

 

彼と出会う前の私は人と比べて劣っている自分の性格や外見ばかりに注目して、「私もあの人みたいに…」とありのままの自分を受け入れたくなかったんです。

彼は付き合った当初から「ちさきのこういう所が好きだよ」と思ったことを素直に口にしてくれる人でした。

私が「見て、この人すごく綺麗だよね」とか「私の顔ってちょっと…」と人と比べてネガティブなことを口にすれば、すかさず「僕はちさきのありのままの姿が好きだから、このモデルの顔だったら付き合ってなかったよ」なんて言ってくれます。

最初こそ「いや、そんなの嘘でしょ」とひねくれた考え方をしていましたが、でも冷静になって考えると「嘘だったら私と付き合ってないよな…」なんて思ったりして、付き合って4年近くなる今ではすっかりありのままの自分がいいと思えるようになりました。

もちろん今でも自信をなくして落ち込む日はありますが、昔と比べてありのままの自分の姿に満足してることは間違いないです◎

 

仮に落ち込んでしまっても、「彼は私のありのままの姿を好きって言ってくれるから、まあ良いか!」と持ち直せるのも彼のおかげ。

 

「国際恋愛をしてたら、すっぴんでも全然気にならなくなった!」そんな話をよく見聞きすると、私だけじゃないんだな〜とちょっと嬉しくなります。

 

ありのままを好きでいてくれるパートナーの存在は、自分のありのままの姿を好きにさせてくれました。

 

2.みんな違ってみんな良い

 

これは1の「ありのままの自分を好きになれた」と少し似てますが、日本と美意識が全然違う国出身の彼と付き合ってく中で、「誰もがそれぞれのスタイルで美しい」と思うようになりました。

例えば日本では一般的に白い肌が美しいとされていますが、これを彼に伝えたところ「え?どの肌の色が美しいとかなくない?」と肌の色を美しさの基準にすることを否定。

 

日本だけじゃなくて世界を基準にするだけで、「美」の捉え方ってこんなに違うんだ!とコンプレックスが覆された瞬間でした。

 

それに彼はいつも「人によって何を美しいと思うかって違うし、誰もが誰かにとって美しい存在だと思う」と言うんです。

 

私はこの言葉が大好きで、本当に「誰を美しいと思うかって自由だし、その人を愛してるからこそ美しいと思えるってこともあるよな」と価値観が変わりました。

 

 

3.自分の好きなことをやろう!と思えた

 

大学3年生の秋、周りの友達が就活を始め出した頃、私は特に将来の夢はなかったけど「何か自分にしかできないことをしたい」と思っていました。

でもやっぱり就活しないとやばいよな…と思い悩んでいた私に、彼はこんな言葉をかけてくれたんです。

「周りの皆がするから就活をしなきゃいけないなんておかしい。ヨーロッパでは大学を卒業してすぐに就職する人の方が珍しいくらいだよ!自分の好きなことをやってみれば?」

 

日本で日本人に囲まれて生活をしていると、日本での当たり前がすべてと思い込んでしまいますが、彼のこの言葉を聞いて私は「そっか、日本での当たり前が全てじゃないんだ!世界には色々な人がいるし、私が好きなことを仕事にしようと葛藤するのも悪くない」と思うことができました。

 

その結果、私は就活をせずに大学を卒業し、今ではライターとして色んな記事を書いたり、自分のブログを運営したりして生活しています。

 

世間体は気にせず自分の好きなことを追求する「夢追い人」になってもいいんじゃない?と背中を押してくれた彼には今でも感謝してもしきれません。

 

 

4.日本の良いところを再確認できた

 

日本から遥か離れたヨーロッパ出身の彼と付き合ったことで、日本で生まれ育った私ではなかなか気付けなかった日本の素敵なところにたくさん気づくことができました。

私たちがいつも食べてる日本食、駅に行けば必ずある自販機、24時間いつでも営業しているコンビニなど、例を挙げればキリがないほど日本にしかない良いところって実はたくさんあります。

でも日本で生まれ育った私はそれらを当たり前と思ってスルー、そして日本の悪いところばかり見つけては「海外に行きたい!」なんて思ってたんですよね…。

 

私だったら気にも留めないようなところにいちいち感動したり、驚いたりしてる彼を見て、嬉しい気持ちになると同時に、不思議と日本を誇りに思ってしまいました(笑)

彼とたくさん日本と他の国について話すことで、視野が広がり「どの国にも良いところ・悪いところがあって、完璧な国はない」ということに気付けました。

 

日本に住んで日本人ばかりと関わっていると気付けないところに気づくことができるのは、国際恋愛の特権だと思っています。

 

 

【まとめ】国際恋愛をすると価値観に変化が!

 

私がギリシャ人の彼と付き合って、変わったな〜と思っている価値観を4つ紹介しました。

「彼と付き合って何が変わった?」と聞かれたら、私はまずこの4つを口を大にして言いたいです。

彼と付き合って気づいたことや思うことはまだまだたくさんあるので、引き続き更新していきますね。

 

 

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
FRON [フロン]の最新情報をお届けします
オススメの記事

この記事のライター

カテゴリ一覧

内容について連絡する

Chisaki

英語を独学し、国際恋愛をしながらライターとブログ運営をしているChisakiです。好きなことをやって生きてます◎

イベント予約

気になるイベントを簡単予約♪ ※English Page

予約するイベント

お名前(フルネーム)

メールアドレス

予約人数

英語は流暢に話せますか?
はいいいえ
※できなくても全く問題ありません。

メルマガ受信設定

※予約完了メールが届かない場合はLINEにてご予約下さい。

 

イベントカテゴリー

気になるキーワードをクリック♪

 

FRON [フロン] | 英会話や外国語を話すならFRON!東京で外国人と国際交流しませんか?