初めての国際恋愛でわたしが驚いたこと4つ | FRON [フロン]

初めての国際恋愛でわたしが驚いたこと4つ

こんにちは!ギリシャ人の彼と交際中の国際恋愛ライターChisaki(ブログはこちら)です。

「国際恋愛」をしていると、文化の違いにカルチャーショックを受けそうだよね!とか食文化の違いとか大変そう!とよく言われます。

確かに国際恋愛は自分とはまったく違う土地・文化で育った相手と深く関わっていくものなので、文化の違いにおどろいたり、カルチャーショックを受けることは日常茶飯事。そこで今回は、初めて国際恋愛をしたわたしが驚いたことを4つ紹介します。

 

1. はっきりとした告白がない

日本では「付き合わない?」とか「僕の彼女になってほしい」そんな言葉をきっかけに交際をスタートさせることが多いですよね。

 

「告白なんてしないよ、だって男女が両思いだったら自然に分かるじゃん?」

わたしは今の彼と付き合う前、彼にこんなことを言われてすごく驚きました。

 

彼が言うには、お互いに「好き」って気持ちがあって何回もデートを重ねてるのなら、もうそれは言わなくたって付き合ってるってことらしいです。好き合ってる男女が一緒に過ごす時間が長くなってくると、自然に付き合ってることが多いそう。

日本人からすると「告白なしに付き合いはじめるってどういうこと?」と驚いてしまいますよね。

 

2. ダイレクトすぎる愛情表現

よく「外国人は愛情表現がすごい」なんて言われてますが、これに関しては紛れもない事実です(笑)

彼と付き合って4年が経つ今では彼の愛情表現方法の虜になりましたが、付き合い当初はかなりおどろきました。日常のほんとにふとした瞬間に、「君は僕にとって世界でいちばん大切な存在だよ」なんてロマンティック映画のような言葉をかけてくれるんです。

最初の頃は嬉しい気持ちとともに「わたしこんなに素敵な言葉をかけてもらっていいの?」と、ダイレクト過ぎる愛情表現に少し戸惑うことも。

わたしは愛情表現をすることに慣れていなかったので、なんか恥ずかしくもありました。それでもやっぱり、お互いに「好き」だから付き合ってるわけだし、恥ずかしがらずにダイレクトに愛情を常日頃から伝えられるのっていいなって思います。

 

3. バレンタインデーが豪華

日本でバレンタインデーは女性から男性にチョコレートをあげる日ですが、海外では年に1度の「恋人たちの日」

男性も女性も関係なく「愛する人」のためにプレゼントをあげたり、美味しいものを食べたりしてお祝いする日なんです。なので日本のバレンタインしか知らないわたし達からすると、海外流のバレンタインはかなり豪華。

バラの花束やくまのぬいぐるみなんかをもらって、つい「海外流のバレンタインって最高!」という気分になります。でもその代わり、ホワイトデーはないんですけどね(笑)

 

4. 国際恋愛はお金がかかる

 

国際恋愛ってキラキラして見えてメリットしかないように思うかもしれません。

でも実際は、「帰省」「遠距離恋愛」「ビザ」と、普通の恋愛じゃ考えられないようなところでお金がかかります。

 

母国へ帰省

外国人のパートナーと日本で暮らしている場合、数年に一度はパートナーは母国にいる家族の元を訪ねる必要がありますよね。

この帰省費用、自分も一緒についていくと考えると1度で30万近く飛んでしまうことも。

旅行に行きたいのに、母国への帰省でお金が消えてしまう…という葛藤は国際恋愛あるあるだと思います。

 

遠距離恋愛

事情があって今は同じ国に暮らせないという国際カップルは多いです。

週末に「会いに来ちゃった!」なんて相手の元を訪ねることができるのは、国内遠距離恋愛まで。

国際遠距離恋愛となれば、1回パートナーのいる外国を訪ねるだけで何十万という出費に苦しめられるのです。

 

ビザ

遠距離恋愛に終止符を打つ方法として、どちらかの母国で「ビザ」を取得する方法があります。

たとえば、オーストラリアでは「パートナービザ」というものがありますが、その申請費用はなんと7000ドル(日本円にして約55万!)

ただ「一緒に暮らす」だけでも、お金がかかることの多いのが国際恋愛です。

このように国際恋愛はなにかとお金がかさみます。

国際恋愛をしている中で、「え?こんなにお金かかるの?」と何度おどろいたことか…、もう覚えきれません。

 

【まとめ】国際恋愛はおどろきの連続!だから楽しい

国際恋愛をした日本人がおどろくことを実体験をもとに綴ってみました。

嬉しいおどろきもあれば、嫌なおどろきもあって感情豊かにしてくれる国際恋愛ですが、トータルで見ると「嬉しいおどろき」の方が絶対に多いです。外国出身のパートナーと付き合っていると、「文化の違い」におどろき悩まされることは日常茶飯事。

でもそんな時はぜひ、「文化の違いっておもしろい」とポジティブに捉えてみてください。国際恋愛がより楽しいものになるはずです☀︎

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
FRON [フロン]の最新情報をお届けします
オススメの記事

この記事のライター

カテゴリ一覧

内容について連絡する

Chisaki

英語を独学し、国際恋愛をしながらライターとブログ運営をしているChisakiです。好きなことをやって生きてます◎

イベント予約

気になるイベントを簡単予約♪ ※English Page

予約するイベント

お名前(フルネーム)

メールアドレス

予約人数

英語は流暢に話せますか?
はいいいえ
※できなくても全く問題ありません。

メルマガ受信設定

※予約完了メールが届かない場合はLINEにてご予約下さい。

 

イベントカテゴリー

気になるキーワードをクリック♪

 

FRON [フロン] | 英会話や外国語を話すならFRON!東京で外国人と国際交流しませんか?