わたし恋してるかも?相手に気持ちを伝える英語フレーズとNGフレーズ | FRON [フロン]

わたし恋してるかも?相手に気持ちを伝える英語フレーズとNGフレーズ

こんにちは!ギリシャ人の彼と交際中の国際恋愛ライターChisaki(ブログはこちら)です。

国際交流パーティーで出会った外国人の彼、留学中に仲良くなった外国人のあの人、気付いたら好きになっていた…なんてことありますよね。

そんな相手が日本語を話さないとなれば、その気持ちは「英語」で伝えるしかありません。

「英語に自信がないから…」「恥ずかしいから…」と自分の思いをふさぎ込まず、英語で自分の気持ちを伝えてみましょう。

この記事では、「恋してるかも?」そんなときに使える便利な英語フレーズと、気をつけて欲しいNGフレーズをご紹介します。

 

相手に気持ちを伝える英語フレーズ

気になるあの人に、自分の好意の気持ちを伝えるフレーズをご紹介します。

イメージとしては自分の中にある、相手に対する「LIKE」を伝える感じですね。

 

I like spending time with you.

→あなたと一緒に時間を過ごすのが楽しい(好き)

 

相手にダイレクトに「あなたのことが好き!」というのは少し照れくさい…、そんなときはこのフレーズがおすすめ。

付き合いたい・付き合いたくないなどの難しい話は置いておいて、とりあえず相手に対する好意があることを伝えたいときに使ってみましょう。

 

I want to spend more time with you.

→あなたともっと一緒に時間を過ごしたい

 

「相手のことをもっと知りたい!」「一緒にいるとすごく楽しい!」そんな気持ちを伝えられるフレーズ。

なのでもし相手に「I want to spend more time with you.」と言われたら、自分に興味を持ってくれているんだなと確信できますね。

使うタイミングとしては、1-2回ご飯やカフェなどの軽いデートをして相手をちょっと知ったくらいが◎

あくまでも「あなたともっと仲良くなりたい」という意で、「付き合おう」というニュアンスはないということは覚えておきましょう。

 

I have feelings for you.

→あなたに(異性として特別な)気持ちがある

 

ここでの「feelings」は、異性に対する「好き・恋人になりたい」そんな他の人には抱かない特別な感情を意味します。

ただこのフレーズは、相手が自分の好意に気付いていないな…そんなときに、「実は…あなたに気があるんだよね」と告白するといったイメージが強いです。

上のふたつと比べてより重みのあるフレーズとなっています。

 

I really like you

→あなたのことがすごい好き

 

このフレーズはデーティングにおいて頻出で、「I like you」よりも強いけど「I love you」には至っていない…そんなときに使うフレーズです。

お互いに好意があるデーティング期間から、付き合って数ヶ月(※カップルによって期間はさまざま)の間、相手への愛情表現として最もよく使うフレーズじゃないかな?とわたしは思います。

 

気をつけたい!交際前のNGフレーズ

続いて、付き合っていない相手に「好意」を伝えるときに使わない方がいいフレーズをご紹介します。

ケースバイケースなこともありますが、基本的に交際前・交際直後は「Love」は避けるのが無難です。

というのも、相手に「I love you」と伝えて言い返してもらえなかったときのショックは大きく、気まずいので最初は慎重になるのがいいでしょう。

 

I love you

→愛してる

 

映画やドラマなんかでよく耳にする「愛」のフレーズですが、実は恋人に対して使う「I love you」はかなりの重みがあります。

日本語でも「好き」と「愛する」には大きな差がありますよね。

付き合って半年以上経ってるのにまだ「I love you」を言い合っていない…そんなカップルもいるくらい、恋人にはじめて「love」を伝えるタイミングは難しいです。

付き合ってもいないのに、このフレーズを口に出してしまうと、相手をビビらせてしまう・重いと思われてしまう可能性が高いので気をつけましょう。

 

I’m in love with you

→愛してる

 

こちらのフレーズも、「I love you」と同じ、もしくはそれ以上に深いものなので、軽々しく口に出すのはやめた方がいいでしょう。

交際して「I love you」をお互いに言い合える関係性になったら、相手に伝えたいフレーズですね。

 

 

気持ちは、言葉にして伝えよう!

「この人のこと好きかも?」と自分の気持ちに気づいたとき、相手に伝えたいフレーズ、そして気をつけたいNGフレーズをご紹介しました。

英語で自分の気持ちを伝えるのは難しいと感じるかもしれませんが、恋人関係を築くにあたっては語学力よりも人間性や相性、そしてなによりも相手を想う気持ちの方がずっと大切です。

「I like you」と伝えるのが恥ずかしいのであれば、「I like spending time with you」など、本記事で紹介したフレーズを使ってみてくださいね!

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
FRON [フロン]の最新情報をお届けします
オススメの記事

この記事のライター

カテゴリ一覧

内容について連絡する

Chisaki

英語を独学し、国際恋愛をしながらライターとブログ運営をしているChisakiです。好きなことをやって生きてます◎

イベント予約

気になるイベントを簡単予約♪ ※English Page

予約するイベント

お名前(フルネーム)

メールアドレス

予約人数

英語は流暢に話せますか?
はいいいえ
※できなくても全く問題ありません。

メルマガ受信設定

※予約完了メールが届かない場合はLINEにてご予約下さい。

 

イベントカテゴリー

気になるキーワードをクリック♪

 

FRON [フロン] | 英会話や外国語を話すならFRON!東京で外国人と国際交流しませんか?