【続】新型コロナ関連の英語に詳しくなろう! | FRON [フロン]

【続】新型コロナ関連の英語に詳しくなろう!

こんにちは!カナダ・バンクーバー在住、主婦ライターの megan です。

今回は、前回の記事(新型コロナ関連の英語に詳しくなろう!)に引き続き、長引くコロナ渦でよく用いられる英単語や英語表現についてご紹介します。基本の用語をマスターすれば、コロナ関連の英語ニュースの理解力が深まること間違いなし!です。

1. コロナ関連の英単語どれくらいわかりますか?

まずは比較的親しみのあるワードから。ちょっと訳を考えてみてくださいね!

① virus
② essential worker
③ hand sanitizer
④ remote work
⑤ face coverings

いかがでしょうか?答えと解説もぜひお読みください。

[答えと解説]

virus→ウイルス
英語圏では、新型コロナウイルスのことを、正式名称のCOVID-19、もしくは単純に、Corona Virusといいます。発音はコロナ・ヴァイルスという感じです。

essential worker→エッセンシャル・ワーカー、必要不可欠な労働者
医療従事者や、スーパーマーケットの販売員、食品関係の従事者、配送業者など、私たちの日常生活を維持するのに欠かせない仕事に従事している方々のことをさします。その中でも、frontline workers とは、お客様や患者さんなどと直接やり取りすることを主な業務としている人たちのことをいいます。たとえば、医師や看護師、スーパーの店員さん、保育士さん、介護士さんなどです。

ちなみにこの essential という言葉は、必要不可欠な、とか、本質的なという意味を持つ単語です。

hand sanitizer→ハンド・サニタイザー、手の除菌用ローション
これはそのままですね!これもコロナ渦で使用頻度が高まったものの1つですね。

remote work→在宅勤務、テレワーク
在宅勤務のことを、remote work や work from home などといいます。日本では、テレワークという言葉が定着していますね。telework も同じような意味ですが、日常会話ではあまり使われない言葉です。

face coverings→マスク、フェイスシールドなどの顔を覆うもの
よくお店のドアに Face coverings required と書いてあります。入店には、マスクやバンダナ、フェイスシールドなど、なんらかの顔を覆う布を着用ください、ということです。

2. ちょっと難しい言葉にも挑戦!

では次の5つの言葉の意味を考えてみてください。

① outbreak
② spread of COVID-19
③ transmission
④ mandatory
⑤ symptoms

どうでしょうか?ちょっと難しい単語も出てきました。

[答えと解説]

outbreak→アウトブレイク(その地域での感染の集団発生、流行)
前回の記事で、パンデミックを扱いましたが、アウトブレイクとの関係性を説明します。まず、outbreakが起こります。これはある地域または複数の地域で感染症が流行する場合です。それがもう少し拡大し、地域や国を超えて短期的に広まった状態がepidemic(エピデミック)。感染症がもっと拡大し、多くの国や大陸にまでまん延した状態がpandemicです。

spread of COVID-19→COVID-19の拡大、まん延、広まり
例)…to prevent the spread of COVID-19
COVID-19のまん延を防ぐために

transmission→伝染
動詞はtransmitで、伝染させる、うつすという意味です。
例)How is COVID-19 transmitted? Person-to-person transmission.
どのようにCOVID-19は伝染するのですか?人から人への感染です。

mandatory→義務的な、強制的な
例)Masks are mandatory in this store.
当店ではマスクの着用が必須です。

symptoms→症状
例)What are the symptoms of COVID-19?
COVID-19の症状はどのようなものですか。

3. お店の張り紙から学ぼう!

日本でもカナダでも、買い物に行くと必ず、新型コロナに関する注意書きや張り紙が貼られていて、よく目にしますよね。「マスク着用のお願い」だったり、「感染予防のため間隔を開けてください」だったり、さまざまなサインがあると思います。ここでは英語の張り紙を見て、英語の勉強をしてみましょう!

[張り紙1]

Due to COVID-19, our store is closed to the public. HOWEVER phone orders with curbside pickups (are) available.

訳)COVID-19に伴い、当店は休業とさせていただきます。ただし、電話でのご注文と店の外でのお受け渡しは可能です。

curbside pickup(カーブサイド・ピックアップ)とは、ネット予約や電話予約をした商品を、店内で受け渡すのではなく、店側が指定した場所で商品を受け取ることができるというサービスです。 curbside(カーブサイド)は、歩道の縁石という意味です。この curbside pickup は、コロナ渦で非常によく使われる言葉の1つです。

[張り紙2]

Do your part while enjoying our parks. Practice social distancing to help prevent the spread of colds, flu, and the Corona Virus.

訳)公園を楽しみながら、自分の役割を果たしましょう。風邪やインフルエンザ、コロナ・ウイルスの感染を防ぐために、人との距離を保ちましょう。

Do your part (あなたの役割を果たす)これもコロナ渦でよく聞く表現です。医療従事者等のエッセンシャルワーカーの方々が、危険を冒して人が出入りする場所でそれぞれの社会的役割を果たしている中、私たち一般市民は、責任をもってソーシャル・ディスタンスを保ちましょう!という意味合いがあります。

また、prevent the spread of…the Corona Virus (コロナ・ウイルスの感染を防ぐ)これはさきほど出てきた表現(2.ちょっと難しい言葉にも挑戦②)ですね!感染の広まりを防ぐために、というこの表現、ぜひ日常会話で使ってみてください。

あとがき

今回は、前回に引き続き、コロナウイルスやパンデミックに関連した英単語や表現をご紹介しました。

医療系の単語や政府がよく使う単語を知識として持っていると、ニュースを英語で聞いたり、英語圏のお友達と話したりするときにも、難しい話題についていけるようになるのでおススメです。海外旅行になかなか行けない現在ですが、コロナ後の世界を夢見て、コツコツと単語力をつけておくときっと役立つと思います。

 

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
FRON [フロン]の最新情報をお届けします
オススメの記事

この記事のライター

カテゴリ一覧

内容について連絡する

megan

中国系カナダ人の夫と日本で出会い結婚後、カナダ・バンクーバー郊外にてライターをしています。3児の母。主人は英語も中国語もネイティブ。でも心の半分は日本人

イベント予約

気になるイベントを簡単予約♪ ※English Page

予約するイベント

お名前(フルネーム)

メールアドレス

予約人数

英語は流暢に話せますか?
はいいいえ
※できなくても全く問題ありません。

メルマガ受信設定

※予約完了メールが届かない場合はLINEにてご予約下さい。

 

イベントカテゴリー

気になるキーワードをクリック♪

 

FRON [フロン] | 英会話や外国語を話すならFRON!東京で外国人と国際交流しませんか?